四季彩の街55号地 “K様邸” お引渡し2018.05.18

こんにちは。

最近、お腹が出すぎて妻にも娘にも気持ち悪がられている営業部の小林健司です。

本日は、サンヴェール東登美ケ丘四季彩の街55号地 “K様邸” のお引渡しでした。

施主様が、弊社でマイホーム購入をお決めいただいたのは昨年の7月でした。

ママに抱っこされているお子さんもまだママのお腹の中にいましたね。

今から振り返ると打ち合わせしていた日々が懐かしいです。

各メーカーさんのショールームに見学に行ったり、販売センターでは、電気配線や壁紙、最終外構工事に至るまで何度もお打ち合わせをして参りました。

いつも、このお引渡しの日は、営業担当者として、おめでたく、うれしい気持ちでいっぱいなのですが、なぜかポカーンと胸に穴が開いたような寂しい気持ちにも見舞われます。

不思議な気持ちです。

ママのお腹にいたお子さんももう8ヶ月でしょうか、日に日に大きくなってパパにそっくりです。

僕の顔を見ると、少しニコッと笑みを浮かべてくれる瞬間がとてもうれしかったです。

パパは私と同い年で、大変アクティブな方ですが家族思いの大黒柱、とっても優しい方です。

ママは、真面目で礼儀正しく、頑張り屋さん、包み込まれるような包容力のある方です。

こんなご家族と共に進めてこれた住まいづくりの約11ヶ月間はあっという間に過ぎてしまいましたが、43歳の私にとって大きな大きな財産になりました。

いろいろ積もる思いは尽きませんが、今日からは、三和住宅ファミリーとして末永く、お付き合いの程、よろしくお願い致します。

本日は、誠におめでとうございました。

そして、長い間、ありがとうございました。

営業部 小林健司